News

2016/10/10
1. An official working relationship has been established with Universiti Sains Islam Malaysia (USIM) :
A letter of intent to explore collaboration has been signed by the Vice Chancellor of Universiti Sains Islam Malaysia Prof. Dato' Dr. Musa Ahmad and Vice Chairman of JAHARI Prof. Eiichi Tamiya on August 5, 2016.
2016/10/10
2. An official working relationship has been established with Universiti Utara Malaysia (UUM) :
A letter of intent to explore collaboration has been signed by the Vice Chancellor of Universiti Utara Malaysia Prof. Dato' Dr. Mohamed Mustafa Ishak and Vice Chairman of JAHARI Prof. Eiichi Tamiya on June 7, 2016.
2016/10/10
3. A Paper presented and article published on the HALAL SCIENCE:
Prof. Quamrul Hasan, the founder chairman of JAHARI and currently a professor at Universiti Utara Malaysia, gave a presentation as an invited plenary speaker in the Third Regional Conference on Biosensors, Biodiagnostics, Biochips and Biotechnology 2016 held on April 20-22, 2016 at AIMST University, Kedah, Malaysia. The title of his talk was "Nano- and Biotechnological Advancement to Assist in the Determination of Halal Products". This was published in the Research Highlights in 4Bs-Biosensors, Biodiagnostics, Biochips and Biotechnology by AIMST University, Malaysia (ISBN: 978-983-43522-8-8; e-ISBN: 978-983-43522-7-1). (See the full article attached).



2016/7/12
静岡県立大学 国際関係学部/グローバル地域センター 富沢寿勇教授の企画(静岡県立大学グローバル地域センター主催)により以下の講演会が開催されます。

◎日本におけるハラールサイエンスの可能性◎
【日時】平成28年7月29日(金) 13:00~15:35 (開場 12:30)
【場所】静岡県立大学 谷田キャンパス 一般教育棟 1 階 2107講義室
 講演 1「ブルネイにおけるハラールサイエンスの現状と課題」
    民谷栄一先生(大阪大学大学院教授、日本ハラール研究所副代表理事)
 講演 2「ハラール産業のグローバル動向とイノベーションの機会:日本での可能性」
    カムルル・ハサン先生(ウタラ・マレーシア大学教授、日本ハラール研究所代表理事)
質疑応答、総合討論
【司会】 富沢壽勇(グローバル地域センター副センター長、国際関係学部長)
2016/6/12
月刊誌"Bioindustry" 2016年4月号(シーエムシー出版)で、ハラールサイエンスの特集号が企画出版されました。内容はブルネイ政府との連携で行われたハラールサイエンスに関するものです。
2016/6/12
(一財)日本食品分析センターの主催でハラール食品分析に関してセミナーを開催します。
Prof.Hasan、民谷教授も講演します。

◎平成28年度 第2回日本食品分析センター大阪講演会◎
【日時】7月11日 14:00-16:40
【場所】大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5) 6階会議室E
【プログラム】
 (1)ハラール産業のグローバル動向とインベーションの機会
 日本ハラール研究所 代表理事 Dr.Quamrul Hasan (Prof.UTM,Malaysia)
 (2)遺伝子検査法を利用した動物種の鑑定
 日本食品分析センター 三嶋隆 課長
 (3) 食の安全安心を目指すバイオセンサーの開発とその応用
 大阪大学 工学研究科 民谷栄一教授
2016/01/01
サイトをオープンいたしました。

About Us

一般社団法人 日本ハラール研究所
Japan Halal Research Institute for Products and Services
(略称:日本ハラール研;JAHARI)

一般社団法人 日本ハラール研究所

Japan Halal Research Institute for Products and Services
Copyright(C) JAHARI All Rights Reserved.

PAGE TOP